カテゴリー別アーカイブ: サメ軟骨

サメ軟骨

サメ軟骨は、創傷治癒促進(傷を早く治す作用)のため、そして慢性の炎症性疾患の治療のため、1950年代から使われてきました。抗腫瘍活性としては動物実験や全臨床試験などから、直接の細胞紹介作用、免疫系の活性化作用、血管新生の阻害作用の3つが考えられています。

参照『「がんに効く」民間療法のホント・ウソ 補完代替医療を検証する』 著:住吉義光・大野智

 

独立行政法人「国立健康・栄養研究所」の≪免疫・がん・炎症≫に関する評価
「≪効果がない≫ことが示唆されている」

参照『「健康食品」の有効性・安全性情報 (独立行政法人 国立健康・栄養研究所) http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail94lite.html 』

 

 

 

 

カテゴリー: サメ軟骨 | コメントは受け付けていません。