カテゴリー別アーカイブ: 研究と開発

アガリクスの研究

アガリクスの研究に関しては、それぞれのメーカーによってかなり違いがあり、研究開発にしっかりと取り組んでいるメーカーもあれば、研究はほとんどせず販売・利益のみを追求しているメーカーもあります。

研究開発にしっかりと取り組んでいるのはT社【ブラジル産自然露地栽培】、S社【日本産ハウス栽培】のほとんど2社のみで、特にキング・アガリクス21(=KA21)株を扱っているT社の研究成果は、国内では「健康食品」の有効性・安全性情報 (独立行政法人 国立健康・栄養研究所) https://hfnet.nih.go.jp/ に【A. brasiliensis KA21】として紹介され、海外ではオックスフォード大学出版局『e-CAM』http://www.hindawi.com/journals/ecam/2008/438780/abs/ に掲載されるなど、非常に高く評価されています。

アガリクスを選ぶ際には【どこのメーカーの商品か?どこで研究開発が行われているか?】なども確認して下さい。

【参考:T社、S社の研究機関 (両者のHPを参照)】

T社:東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、東京薬科大学、順天堂大学、近畿大学、名古屋市立大学、麻布大学

S社:米国国立研究所

 

カテゴリー: 研究と開発 | コメントは受け付けていません。