カテゴリー別アーカイブ: マグネシウム

マグネシウム

アガリクスには「マグネシウム」が豊富に含まれます。

参考数値 : 98.9mg(100g中) ブラジル産自然露地栽培アガリクス

114mg(100g中) 日本産ハウス栽培アガリクス

(日本食品分析センター調べ)

健康増進法に基づく「マグネシウム豊富」の基準 : 75mg(100g中)

 

【マグネシウムの作用】

マグネシウムの60%は骨に含まれ、体内のミネラルバランスを調整する役割を担っています。マグネシウムが不足すると、カルシウムが筋肉細胞に入り過ぎて筋肉の収縮がスムーズにできなくなり、けいれんやふるえを起こします。

ほかにも、神経の興奮を鎮める、エネルギー代謝に関わる、体温や血圧を調整するといった、重要な役割を担っています。海外の研究では、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS)に伴う、イライラなどの情緒不安定に関係しているのではないかと言われています。

食品の加工によって失われやすいため、加工食品や大量調理した総菜などに頼る食生活を送る人には不足しがちです。

 

【マグネシウムの特徴】

マグネシウムはカルシウムが血管壁に沈着するのを防いで、動脈硬化を予防する作用があります。

人間の体内には酵素という、代謝をスムーズに行わせるために必要な物質が数百種類あります。マグネシウムはそのうち約300種類の酵素反応に関わり、体内で行われているほとんどすべての代謝や合成反応に必要となっています。

慢性的に不足したときには、高血圧を招いたり、血管壁でけいれんが起こり、不整脈を引き起こすリスクが高くなり、狭心症や心筋梗塞の心配も出てきます。

 

【こんな人におすすめ】

○加工食品や肉類を多く食べる

○清涼飲料水をよく飲む

○ストレスが多い

○足がつることがよくある

 

【鉄が不足すると・・・】

○骨粗鬆症になりやすい

○手足にふるえなどが起こりやすい

○神経が過敏になりやすい

○動脈硬化が進みやすい

 

参考 「図解でわかる!からだにいい食事と栄養の大辞典」 本多京子 監修

カテゴリー: マグネシウム | コメントは受け付けていません。