自然露地栽培アガリクス

自然露地栽培アガリクス

【自然露地栽培アガリクス】は暗所で人工的に栽培される【ハウス栽培】とは異なり、土壌の肥えたブラジルなどの大自然の中で太陽の光をたっぷりと浴びて畑で栽培されます。 *土地の痩せている日本では自然露地栽培は行えません。

【自然露地栽培】は【ハウス栽培】に比べると、大きさは5倍ほどに育ち、有効成分の「β-グルカン」の含有量は1.5倍、抗腫瘍活性のある酵素を多く含み、大腸がん、乳がん、卵巣がんなどの特定のがん発症リスクを最大50%まで下げられるとされる「ビタミンD」は比較にならないほど含まれています。

そして抗がん効果の指標とされる免疫活性は【ハウス栽培】の5倍以上とされます。

抗がん作用が最も高い【自然露地栽培】ですが、栽培が非常に難しく、天候の影響を受けたり、土地の栄養素をたっぷりと吸い上げてしまうため、一度使った農地は10年は休ませなければならないなど、大量生産ができないといった欠点があります。

カテゴリー: 自然露地栽培   パーマリンク